体質改善の為には水を飲み排尿を増やす

尿酸値を改善するために

冬の寒い日に手の甲をぶつけ骨が折れたような痛みを感じ病院に行ったら、骨には全く異常がなく赤く腫れ上がった患部を診て先生が言った一言で痛風だと自覚をしました。

 

原因と思われる事は実は無くてお酒は殆ど飲まないし、飲んでも年に数回付き合い程度なのでそれが原因とはとても思えないし、他には何が原因なのかよくわかりませんでした。

 

通常は足に出るんだけど今までにそのような症状はなかった?と先生に聞かれましたが、そのような症状も一回も無くて全く自覚が有りませんでした。

 

しかしその時に行った血液検査の結果は尿酸値が7を超えていて十分痛風発作が起きる環境は整っていました。

 

過去の健康診断の結果も確認してみたのですが、その数値は6近くあり常にその危険に接近していた兆候はありました。

 

しかし健常者の範囲内だったため一度も指摘を受けていませんでした。

 

もっと早くに気付いておけばもしかしたらこんな痛い思いをしなくて済んだかもしれません。

 

改善の為には痛風に悪いという食べ物は極力少量に減らすようにしています。

 

そしてそもそも尿酸値が体質的に高い可能性もあるので水をかなり飲むようにしています

 

1日なんだかんだで2リットル程を飲むようにし排尿の機会を増やし尿酸を体の外に出すように意識しています。


尿酸値が気になる方におすすめ!

恵葉プレミアム